金柑マーマレードとはちみつ金柑

金色の小さな実がたくさん!
そう今の時期、果物売り場にどっさり並ぶ金柑。

f0177964_23433660.jpg


今年もたっぷり買って金柑マーマレードとはちみつ金柑を作ります!
そのまま頬張っても十分美味しいのですが、
ちょっとずつ、つまみ食いしつつお仕事にとりかかります。

春のイチゴジャムにはじまり、
夏の梅酒・梅ジュースに野菜のピクルス。
秋にはリンゴやいちぢくのコンポート。
クリスマス前にはドライフルーツのラム酒漬などなど。
四季ごとに楽しんでいる保存食作り。

そして、冬、1年の初めに行うのがこの金柑仕事なのです♪


f0177964_23434898.jpg
半分を金柑マーマレードに、
そしてもう半分をはちみつ金柑に。

どちらも最初にまず金柑のへたをとって
熱湯でゆでこぼしてから始めます。
はちみつ漬けは湯でこぼした金柑に
フォークで何箇所か穴をあけ、
はちみつに漬けるだけ。

マーマレードは、金柑をカットして
種を取り出し、お砂糖と一緒に
煮詰めていきます。
その時、取り出した種を
茶漉しガーゼにくるんで
一緒に煮るとペクチンがより出て、
一層とろみがつくのでいいですよ。



実は、結婚する前まで金柑を食べたことなかった私。
旦那さんの実家に行ったとき、風邪気味だった私に差し出してくれたのが
お義母さん手作りの「金柑はちみつ」でした。
旦那さんは小さいころから風邪をひくたびにこれを飲んでいたとのこと。
ならば、我が家も作らなくては!と始めたのが金柑はちみつです。

f0177964_2344568.jpg


のど飴になるくらい金柑は体にいいと言われてます。
今では我が家の常備薬。
乾燥しているこの季節、具合が悪くなくても食べたい、飲みたい
美味しいお薬です♪


f0177964_21523095.jpg


***2010.1.22(追記)***

作り方についての質問を何件かいただいたので、簡単ですが、
レシピを載せておきます♪
本当に、テキトーに作っていたので、レシピというレシピがなくて申し訳ないのですが、
みなさんのお役にたてれば嬉しいです。


<金柑はちみつ>

1.金柑は軽く洗いヘタをとってから、鍋に沸かした熱湯に金柑を入れる。

2.5分ほど煮立ったら熱湯から取り出す。

3・粗熱が取れたら、水気をふき、フォークで2か所程度穴をあける。

4・瓶に金柑を入れ、上からはちみつを金柑の3/4程度の量を入れ漬ける。

金柑のジュースがでてきて、2週間程度から食べごろになります。
蜜は喉の薬として飲めますよ!スプーン1杯を飲むと喉の痛みがとれます。
もちろん実も美味しいのでぜひ!
なお、長期保存可能ですが、金柑ジュースが十分でて、
はちみつが溶けてさらりとしたら、冷蔵庫で保管したほうがいいかと思います。


<金柑マーマレード>

1.下ごしらえは上記の金柑はちみつの1と2と一緒でまず湯でこぼすことから始めます。

2.粗熱が取れたらまず金柑を半分にカットして、種を取り出します。
  種は捨てずに茶漉しガーゼに入れておきます。

3.半分にカットした金柑と砂糖を琺瑯の鍋に入れよく混ぜておきます。
  2時間くらい置いておくと風味が増すと思います。  
  また、砂糖の量はお好みで。
  砂糖の量はだいたい金柑の全量に対して半分ぐらいがいいようですが、
  それは長く保存したい場合。
  フレッシュ感を味わいたい場合、また長く保存しない場合は
  砂糖の量をもっと少なくしても大丈夫です。
  私の場合、長期保存するつもりがなかったので、砂糖を少なめにしました。
  金柑400~500グラム程度に対し砂糖大さじ5ぐらいだったと思います。

4.金柑を入れた鍋にガーゼにいれた種とひたひたになるくらいの水を加え、火にかけます。
  沸騰したらアクをとり、弱火にして煮詰めます。

5.焦げ付かないようになんどか木べらで混ぜます。
  このとき、お好みで金柑の皮をつぶしておくと、
  いろんな食感が味わえるマーマレードになります。
  皮が大きいのが嫌な場合は、煮る前に皮を千切りにしておくと
  よりマーマレードっぽくなります。

6.水分が飛んでトロっとしたら出来上がり!
  約1時間弱で出来上がると思いますよ。

出来上がった金柑マーマレードは、種を入れたガーゼを取り出し
密閉容器にいれて保存します。
砂糖を少なくした場合には、冷蔵庫に入れ早めに召し上がってください。

*************************
私の料理は結構目分量ということも多く、
今回まさか、レシピを書くとは思ってなかったので、材料の量も
いい加減で申し訳ありません。
でも、本当に簡単なので、ぜひぜひ作ってみてください!!

金柑マーマレードはヨーグルトやパンにつけるのはもちろん、
ゆず茶のようにお湯で割って飲むのもお勧めですよ!
[PR]
by fran-cafe | 2010-01-19 23:07 | おうち