オリンピックの華

春のお花は優しくて明るくて、そして華やか。
このムーランルージュも、フリルのような花びらに紫~黄色と何色もの色が
水彩画のようにちりばめられてて、美しい。

f0177964_22505938.jpg



華やかで美しいといえば、冬季オリンピックの花、女子フィギュア。
いや~すごかったですね~☆
私はライブで見ることができなかったのですが、結果を知った上で、
夜、鈴木選手のところから通しでフリーの演技を見ました。
自分が年をとったせいなのかな?
フィギュアをみてこんなに泣いたのは初めてでした。

キム・ヨナ選手の優雅で美しくパーフェクトな演技のあとで登場した真央ちゃん。
真央ちゃんが背負っている、ものすごいプレッシャーと緊張感が伝わってきて、
滑る前から、私が泣きそうでした。
金メダルが遠のいた後も、全身全霊こめて気迫みなぎるステップを滑る姿には
本当に感動して、泣きそうになりました。

そんな状態で、続いて出てきたのが、カナダのロシェット選手。
地元カナダというプレシャーだけでも、相当なものなのに、
4日前に最愛のお母様が急逝されるという、
極限の緊張状態の中で、最後まで演技に集中した姿に、
涙が止まりませんでした。
私も5か月前に母を突然亡くしていたこともあって、
彼女の姿に自分の思いを重ねずにはいられませんでした。

f0177964_22511466.jpg
優雅で華やかに見える競技も
強い精神力がなければ
乗り越えられないオリンピック。

美しい女性こそ、
芯が強く、日々努力を
惜しまない女性なんだということを
若い彼女たちから教えてもらいました。

そして、真央ちゃん、
悔し涙を流した後も、笑顔で
4年後のオリンピックを目指すと
早くも次の目標を掲げました。
その強い意志と
どこまでも上を目指す姿勢に
頭が下がる思いです。



花のように、彼女たちのように凛として、強く、美しい女性になるよう、私も日々努力しなくては。
そんなことを感じたバンクーバー・オリンピックでした。
選手のみなさん、感動をありがとう!!!
[PR]
by fran-cafe | 2010-03-01 22:49 | flower